大津市教育委員会教育長

Pocket

滋賀県大津市の中2いじめ自殺事件での
損害賠償請求裁判の口頭弁論で、
大津市教育委員会の教育長が、

「自殺した動機はイジメだけではない。
 生徒の家庭にも問題があった」

と発言したそうですが、

どうして、
「家庭にも問題があった」
なんて断定できるのでしょうか?

自殺の動機はイジメだけではない、

という主張はわかりますが、
家庭の問題も自殺の原因だという主張は、
責任転換以外のものではなく、
憶測で物を言う卑劣な主張だと思います。

結局この教育長さんは、
遺族のことなどまったく考えになく、

「私には責任がない」

と言いたいだけなのでしょうね。

問題の深さがまったくわかっていない、
座っているだけで給料がもらえた人なんでしょうね。