やしきたかじん

Pocket

金スマで「やしきたかじん最後の2年間」特集してました。

百田尚樹「殉愛」出版に合わせた企画でしたが、
さくらさんが、なぜ家鋪隆仁に惚れて、献身的な介護までしたのかが
よくわからなかった。

「やしきたかじんを看取るために現れた天使」、
運命なのかな?