カーク・ダグラス

Pocket

カーク・ダグラス氏死去。

というニュースにも、マイケル・ダグラス氏のお父さんね、というくらいしか知らないんですよね。

1916年生まれで103歳!

1946年に「呪いの血」で映画デビュー。1949年「チャンピオン」、1954年「海底2万マイル」、アカデミー主演男優賞候補となった1956年「炎の人ゴッホ」、ガッツ石松の決り文句になった1957年「OK牧場の決斗」、1960年「スパルタカス」、1966年「パリは燃えているか」などなど、1本も見たことがないです。

天寿を全うできて幸せだったのかな。


 

恵方巻き

Pocket

「恵方巻き」って全国で宣伝していますが、大阪の節分の習慣でしょ?と思っていた。

なんと!起源も不明でどこの風習かも定かではないらしい。

節分の日にある方角(恵方)に向かって巻寿司を無言で1本丸かじりすると縁起が良い、なんて誰かがかってに思いついただけのことかもしれない。

神事でも何でもない事のようですね。

踊らされているだけ?


 

ボトルロケット

Pocket

明石家さんまが今年(2018年)買って良かった大満足のベストバイ商品を発表するコーナーで紹介されていた商品の中の1つ「THE BOTTLE ROCKET」。

クルクル回すワインオープナーではなく、空気圧でコルクを抜いてくれるスグレモノ。

簡単で力もいらずワインを早く開けられるので、年寄りにもいいですね。

古いコルクでも簡単に抜けるので、コルクが古くなっている高価なワインに最適なんですね。


 

船橋屋 くず餅

Pocket

カンブリア宮殿という番組で紹介されていた船橋屋のくず餅。

和菓子唯一の発酵食品ということで、食べると胃や腸の調子が良くなる人が多いそうです。

デンプンを450日かけて乳酸菌発酵させた原料を使ったくず餅は、プルンプルンの弾力で、「船橋屋のくず餅を食べると他のものは食べれなくなる」という人もいる人気の和菓子。

賞味期限は2日間しかない保存のきかないお菓子ですが、通販でも大人気です。


 

粒取り名人NIPPON

Pocket

粒取りNIPPONというトウモロコシの粒をキレイに取ることができる調理器具。

テレビ東京の和風総本家という番組で「職人さんが作った人気の日用品」として紹介されていました。

コーンの胚芽ごと取れるので栄養も味も落としません。

でも、トウモロコシを栽培しているとかじゃないと、活躍するのは年に1回ぐらいかな?